到底こんな状態になるなんて夢にもおもいませんでし

到底こんな状態になるなんて夢にもおもいませんでした。わたしは若い頃(高校)から総数当の白髪が生えているのはわかっていました。白髪は抜いてしまうってなおさら生えて仕舞うという話をきいていましたが、その頃はめったに意識するまでもなく、鏡で白髪を見つけては抜いていました。遺伝もありますけど、それからもその言動は続けていました。但し、独りでに白髪染めを使用しないと目立って仕舞うようになり、白髪を染めては髪を伸ばし、常に伸びてきては床屋君においてカットしてもらっていました。カットしてもらうとそれまで隠れていた白髪が公に生まれるといった事を繰り返している貰いでした。とあるときニーズで自分の髪を鏡で見た辺り、あたかも年寄りのように白一色な髪になってしまい、剰余の自分の変貌ぶりに恐怖を感じてしまい目線が覚めました。昨今わたしは45年代ですが、おのずとそのニーズが現実の産物となってきている印象があります。以前は床屋にいくと、全くするのと共々相当若返った様な貰いでしたが、今ではカットした後は初老の様な白髪だらけの髪になってしまいました。少々遅くなりましたが、今のうちに何か戦略をしなければとしてある。http://xn--u9jxh3c9hb9602ga9675a.xn--tckwe/

到底こんな状態になるなんて夢にもおもいませんでし